林知己夫著作集13
キョウイクヲカンガエル

教育を考える

林知己夫著作集編集委員会 編
ISBN 978-4-585-05153-4 Cコード
刊行年月 2004年12月 判型・製本 A5判・上製 292 頁
キーワード

定価:6,600円
(本体 6,000円) ポイント:180pt

 品切 
書籍の詳細

教育問題や業績評価の意味を問い直す

【林知己夫著作集】
柔軟な発想と透徹した科学的思考
データ処理の総合システム「データの科学(Data Science)」の提唱
あいまい事象の分析へのあくなき挑戦
多岐ジャンルにわたる1’,’500編超の全著作から550編余を厳選収録!

第一線の科学者、人文科学者、文化人、教育者、政治・行政関係者ほか、一般読書人の必読書。
各種調査機関、社会調査士、専門社会調査士必携書!

 

 

目次
[災害]
・自然災害教育について
・自然災害研究と社会調査
・これからの防災教育
・自然災害に対する防災教育の意味
・防災教育の焦眉性
・稲むらの火
・事故対策と統計的データ解析
・航空機事故という悲劇をなくすために
・原子力発電に対する日本人の意識
[教育]
・テスト、試験による能力評価の科学的意味
・選考試験の意味
・教育研究と統計的手法の果たす役割
・数理科学と数学
・「自然の理解」のための専門教育の考え方とねらい
・統計教育について
・教えるということ
・入学試験とは何なのか
・入試のフィロソフィーを問う
・ああ東大
・私の教育事典から
・素人の素朴な疑問
・適度
・国語教育
・入学選抜と尺度
・多様性に応ずる教育とは何か
・初・中等教育におけるコンピュータ教育のあり方をめぐって
・生涯教育・生涯学習
・生涯教育、生涯学習の意味を問い直す
・大学を楽しむ
・感動を与える「科学の教育」を
・「学ぶ」と「思う」
[研究]
・教育研究における新しい統計学の活用と限界
・これからの統計の目ざすもの
・統計研究と環境研究の協力のあり方
・Contributed paperの重要性について
・研究評価の方法をめぐって
・業績評価とは何か
・研究費の欲求
・業績評価と研究の矮少化
・コンピュータが研究を蝕む傾向
・計量的研究の発展から堕落へ、堕落から発展へ
・論文
・選考を通して感じたこと
[科学]
・統計数理と計算機の重要性
・日本の科学振興について想う
・科学者の政治的発言
・日本人は科学技術に適している
・環境・論理・パッケージ
・技術予測の方法について
・最適化思想は国を亡ぼす
・行動計量学という分野
・いま、科学はどう推し進められるべきか
・計測と制御

おすすめ

  [詳細]
「本読み」の民俗誌

「本読み」の民俗誌

川島秀一 著
定価:3,850円
(本体 3,500円)
ロマノフ王朝時代の日露交流

ロマノフ王朝時代の日露交流

東洋文庫・生田美智子 監修/牧野元紀 編
定価:4,180円
(本体 3,800円)
文化情報学事典

文化情報学事典

村上征勝 監修/金明哲・小木曽智信・中園聡・矢野桂司・赤間亮・阪田真己子・宝珍輝尚・芳沢光雄・渡辺美智子・足立浩平 編
定価:19,800円
(本体 18,000円)
スイス使節団が見た幕末の日本

スイス使節団が見た幕末の日本

横浜市ふるさと歴史財団・ブレンワルド日記研究会 編
定価:10,780円
(本体 9,800円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート