カンソウノブンカシ

観相の文化史

相田満 著
ISBN 978-4-585-29203-6 Cコード 3095
刊行年月 2021年2月 判型・製本 A5判・上製 280 頁
キーワード 美術,文化史,古典,近世,中世,中古,上代

定価:9,900円
(本体 9,000円) ポイント:270pt

数量 :
remove add
書籍の詳細

人相占いに代表される「観相」の知識体系が、文学・絵画等の表現活動にどのような影響を及ぼしてきたか。
古典的相書の記述と関連資料の分析により、「忘れられた日本の学問」の具体相の把握、継承性と応用の可能性を追究することを試みる。

 

 

目次
序章 本書の概要
第一章 利休の顔―観相的分析の試み―
第二章 俗相の利休 利休の顔 二―『秀雅百人一首』に収載される異形の利休像の観相的分析―
第三章 曲亭馬琴『南総里見八犬伝』の石龍子『神相全編正義』受容―観相的分析の試み―
第四章 騎馬武者像再考―足利尊氏像主説を西川祐信『絵本武者備考』と観相の視点から考える―
第五章 聖徳太子の観相―観相的分析の試み(渡辺信和氏と共著)―
第六章 相書に見る声で定命を知る平安時代の観相譚―『今昔物語集』巻六第四八の延命譚を敦煌文書と比較して分析する―
第七章 異相をめぐる言説の系譜―重瞳を中心に―
第八章 総論的序章 まとめと補足
プロフィール

相田満(あいだ・みつる)
1959年2月、広島県生まれ。中央大学大学院博士後期課程年限終了後、東京都立本所高等学校教諭を経て、現在、国文学研究資料館准教授。和漢比較文学会常任理事。情報処理学会人文科学とコンピュータ研究会第8期主査(2005-2006年度)。情報知識学会編集委員。無窮会図書館評議員。説話文学、漢籍幼学書を中心とする和漢比較文学研究と中世学問研究、人文情報学分野ではデータベース形成と漢字に関する研究を進め、近年は日本旧暦時代文献の研究に資するオントロジを構築するための研究と資源形成を行っている。
論著等に『時空間とオントロジで見る和漢古典学』(勉誠出版、2016)『古典化するキャラクター』(アジア遊学130、勉誠出版、2010)、『和漢古典学のオントロジ』(勉誠出版、2007)など。

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。

おすすめ

  [詳細]
日本の図書館建築

日本の図書館建築

五十嵐太郎・李明喜 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
変化する社会とともに歩む学校図書館

変化する社会とともに歩む学校図書館

野口武悟 著
定価:2,420円
(本体 2,200円)
ラジオの技術・産業の百年史

ラジオの技術・産業の百年史

岡部匡伸 著
定価:5,940円
(本体 5,400円)
大宅壮一文庫解体新書

大宅壮一文庫解体新書

阪本博志 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート