キゲキノセイスイショウ

喜劇の精粋抄

新藤謙 著
ISBN 978-4-585-05082-7 Cコード
刊行年月 2003年7月 判型・製本 四六判・上製 286 頁
キーワード

定価:2,750円
(本体 2,500円) ポイント:75pt

 品切 
書籍の詳細

日本の近現代文学を<笑い>という観点から読み解き、喜劇の精神を見いだす。福澤諭吉、伊藤整、安岡章太郎、井上ひさし、谷川俊太郎、山之口貘、石垣りん…。「笑い」の名作、詩・小説・戯曲・漫才のエッセンスがここに凝縮されている。

 

 

目次
1“笑い”の比較文化論
 ―諷刺とユーモア―
2 福澤諭吉の話術
3 演技する人間
 ―伊藤整の諷刺と自己戯画―
4 喜劇的人間について
 ―安岡章太郎の文学―
5 笑いの万華鏡
 ―井上ひさしの戯曲―
6 田舎の笑い・都会の笑い
 ―井上ひさしの小説二篇―
7 詩の中の笑い
8 地球を抱いた貘さん
 ―山之口貘の笑い―
9 漫才はなぜつまらなくなったのか

おすすめ

  [詳細]
古文書への招待

古文書への招待

日本古文書学会 編
定価:3,300円
(本体 3,000円)
増補改訂新版 日本中世史入門

増補改訂新版 日本中世史入門

秋山哲雄・田中大喜・野口華世 編
定価:4,180円
(本体 3,800円)
ラジオの技術・産業の百年史

ラジオの技術・産業の百年史

岡部匡伸 著
定価:5,940円
(本体 5,400円)
日本の図書館建築

日本の図書館建築

五十嵐太郎・李明喜 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート