キンバンブシノエドタイザイキ

勤番武士の江戸滞在記

国枝外右馬江戸詰中日記
岩淵令治 編
ISBN 978-4-585-32000-5 Cコード 3021
刊行年月 2021年3月 判型・製本 A5判・上製 512 頁
キーワード 日本史,江戸,近世

定価:11,000円
(本体 10,000円) ポイント:300pt

数量 :
remove add
書籍の詳細
新たな江戸像を描き出す貴重史料

天保改革期に臼杵藩士が、参勤交代で江戸勤番の間に書き残した一年分の日記史料の全編を初めて活字化。一四〇点に及ぶ挿絵とともに紹介する。
四十代にして初めて見る江戸の様子や、自分の仕事ぶりを息子たちに伝える生き生きと愛らしい絵入りの詳細な記述は、研究史料として稀有なだけでなく、専門家以外の読者にも江戸の人々を身近に感じさせる興味深い史料である。
外からやってきた勤番武士による江戸の報告は、地元の人間が発信するものとは異なる新たな江戸像を示すものとなるだろう。

 

 

目次
カラー口絵

刊行にあたって 岩淵令治

目次
挿図一覧
凡 例

翻 刻
 合冊一
   天保一三年
      四月
      五月
      六月
      七月
      八月
      九月朔日ゟ一四日迄
 合冊二
      九月一四日夕ゟ晦日迄
     一〇月
     一一月
     一二月
   天保一四年
      正月
      二月
      三月
      四月
      五月

解 説
 「国枝外右馬江戸詰中日記」にみる江戸勤番武士の経験 岩淵令治
 国枝外右馬とその周辺 放送大学千葉学習センター「古文書を読む会」

おわりに 放送大学千葉学習センター「古文書を読む会」
プロフィール

岩淵令治(いわぶち・れいじ)
1966年生まれ。学習院女子大学国際文化交流学部教授。専門は日本近世都市史。
著書に『江戸武家地の研究』(塙書房、2004年)、『史跡で読む日本の歴史』9(編著、吉川弘文館、2010年)、『「江戸」の発見と商品化』(編著、岩田書院、2014年)、論文に「巨大都市江戸における居住者と自己認識」(渡辺浩一/ヴァネッサ・ハーディング編『自己語りと記憶の比較都市史』勉誠出版、2015年)、「江戸における鷹匠の交流」(福田千鶴・武井弘一編『鷹狩の日本史』勉誠出版、2021年)などがある。

関連商品

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。

おすすめ

  [詳細]
日本の図書館建築

日本の図書館建築

五十嵐太郎・李明喜 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
大宅壮一文庫解体新書

大宅壮一文庫解体新書

阪本博志 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
変化する社会とともに歩む学校図書館

変化する社会とともに歩む学校図書館

野口武悟 著
定価:2,420円
(本体 2,200円)
ラジオの技術・産業の百年史

ラジオの技術・産業の百年史

岡部匡伸 著
定価:5,940円
(本体 5,400円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート