図書館・情報メディア双書10
ケンチクカラトショカンヲミル

建築から図書館をみる

植松貞夫 著
ISBN 978-4-585-00220-8 Cコード
刊行年月 1999年10月 判型・製本 四六判・並製 230 頁
キーワード

定価:2,750円
(本体 2,500円) ポイント:75pt

 品切 
書籍の詳細

図書館建築は図書館活動、サービス、利用者の行動の器として建設されるものである。しかし、ひとたび建設されると器の側が中身を制約することも多い。その意味で、優れた図書館には優れた図書館建築が必須の要件である。
本書では、機能と建築物の相互作用の場として建設される図書館建築について、さまざまな話題をとりあげ、いまの図書館、これからの図書館のあるべき姿を考察する。また、世界的にみてもサービスの内容と建築がともに高い水準にある北欧の図書館と図書館建築の実際についても紹介する。

 

 

おすすめ

  [詳細]
大宅壮一文庫解体新書

大宅壮一文庫解体新書

阪本博志 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
ラジオの技術・産業の百年史

ラジオの技術・産業の百年史

岡部匡伸 著
定価:5,940円
(本体 5,400円)
日本の図書館建築

日本の図書館建築

五十嵐太郎・李明喜 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
古文書への招待

古文書への招待

日本古文書学会 編
定価:3,300円
(本体 3,000円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート