金子みすゞ再発見
カネコミスズサイハッケン

金子みすゞ再発見

新しい詩人像を求めて
堀切実・木原豊美 著
みすゞはどのように成長し、どのようにして詩を紡ぎ出したのか
ISBN 978-4-585-29504-4 Cコード 0092
刊行年月 2014年6月 判型・製本 四六判・上製 358 頁
キーワード 評論,詩歌,近代

定価:3,080円
(本体 2,800円) ポイント:84pt

数量 :
remove add
書詳細

海のかなたに、空のはてに、夢と現実を重ねた“さびしい詩人”金子みすゞ。母を恋い慕い、独りで苦悩し続けたみすゞの詩は、わかりやすいだけのものではない。そこには人間としての成長の歴史が深くかかわっている。
みすゞの人間像に実証的に迫りつつ、作品を丁寧に分析し、その詩の真の価値を童謡史・近代文芸史のなかに位置づける。

 

 

目次
はじめに

みすゞの不思議、みすゞの心―巻頭エッセイ
 エピソード記憶の力―みすゞと芭蕉 堀切実
 母恋の詩人―私の金子みすゞ観 木原豊美

金子みすゞ その人と文学を語る 木原豊美・倉本昭

みすゞの詩性とその真実―躍動する作品論へ向けて
 みすゞの詩の生成とその背景―わらべ唄・和讃など 堀切実
 「繭とお墓」誕生の秘密 木原豊美
 金子みすゞの色彩表現 堀切実
 仰ぐ―〈青い空〉から〈天の川〉まで 木原豊美

みすゞの世紀・さみしい詩人―その作品の世界を探訪する 木原豊美

みすゞの詩の風土
 仙崎の俳句風景―金子みすゞ投句箱より 中谷貞女
 下関のみすゞ風景―海峡の街を歩く 倉本昭

おわりに
プロフィール

堀切実(ほりきり・みのる)
1934年東京都生まれ。早稲田大学名誉教授。専攻は日本近世文学・俳文学。
主な著書に『表現としての俳諧―芭蕉・蕪村』(岩波現代文庫、2002年)、『最短詩型表現史の構想―発句から俳句へ』(岩波書店、2013年)などがある。

木原豊美(きはら・とよみ)
1944年山口県下関市生まれ。梅光学院大学生涯学習センター講師。
主な著書に『金子みすゞ 心の風景』(解説担当、美術年鑑社、2010年)などがある。

その他

「サンデー毎日」(2014 8.3号)にて、本書の書評が掲載されました。(評者:高倉美恵(「ブックオカ」実行委員))

関連商品

おすすめ

  [詳細]
犬からみた人類史

犬からみた人類史

大石高典・近藤祉秋・池田光穂 編
定価:4,180円
(本体 3,800円)
発見! ユダヤ人埴輪の謎を解く

発見! ユダヤ人埴輪の謎を解く

田中英道 著
定価:1,100円
(本体 1,000円)
少年写真家の見た明治日本

少年写真家の見た明治日本

宮田奈奈/ペーター・パンツァー 編
定価:7,150円
(本体 6,500円)
成功していた日本の原爆実験

成功していた日本の原爆実験

ロバート・ウィルコックス 著/矢野義昭 訳
定価:4,950円
(本体 4,500円)
ショッピングカート