書物学3
ショモツガク ダイサンカン ショモツトエロス

書物学 第3巻 書物とエロス

編集部 編
ISBN 978-4-585-20703-0 Cコード 1000
刊行年月 2014年8月 判型・製本 B5判・並製 96 頁
キーワード アーカイブズ,博物館,図書館,出版,浮世絵,美術,文化史

定価:1,650円
(本体 1,500円) ポイント:45pt

数量 :
remove add
書籍の詳細
古今東西の知の宝庫に分け入り、読書の楽しさを満喫する!

第3巻では小特集「エロスと書物」と題し、春本や男色、密教における性の問題を文化史上に位置づけるエッセイを収載。
書物世界を闊歩する先達による連載も充実。ここでしか読むことの出来ない書物文化の世界への水先案内。

 

 

目次
小特集 書物とエロス
 出版文化と春画 浅野秀剛
 念者を持てかはゆがりて見たし―若衆のエロスとタナトス 染谷智幸
 密教的身体観/感と三木成夫の思想 彌永信美

書物学こと始め
 英国愛書家の系譜①―折丁記号Bの前にPを―フィリップ・ブリス(1787-1857)の場合 高宮利行
 続、和本の海へ②―物覚え、物忘れ 中野三敏
 書物の声を聞く―書誌学入門③ 佐々木孝浩
 古書店は語る③―扶桑書房 東原武文さん 西秋ユキヲ
 ベストセラーと雑誌の出版史③ 植田康夫
 書籍文化史料片々其之三―明治期予約出版の足取り―鳳文館の葉書と広告 鈴木俊幸
 江戸時代の古文書の読み方③―名寄帳 白川部達夫

本を楽しむ
 世紀末芸術と蔵書票 内田市五郎
 トルコへの旅―書物でたどるオスマン帝国の歴史 岡崎礼奈
 鷗外と漢籍―『魚玄機』をめぐって 神鷹徳治

自著を語る
『源氏物語』前後左右 加藤昌嘉

書物に関するイベント情報
書評・関連書等

★広告情報
・「朝日新聞」(2018年10月6日)に全5段広告を掲載しました。
・「朝日新聞」(2018年11月17日)に全5段広告を掲載しました。

関連商品

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。

おすすめ

  [詳細]
新しいナショナリズムの時代がやってきた!

新しいナショナリズムの時代がやってきた!

加瀬英明/ケント・ギルバート 著
定価:1,100円
(本体 1,000円)
100人の作家で知る ラテンアメリカ文学ガイドブック

100人の作家で知る ラテンアメリカ文学ガイドブック

寺尾隆吉 著
定価:3,080円
(本体 2,800円)
日本の建国

日本の建国

安本美典 著
定価:1,980円
(本体 1,800円)
日本の表装と修理

日本の表装と修理

岩﨑奈緒子・中野慎之・森道彦・横内裕人 編
定価:7,700円
(本体 7,000円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート