セリザワコウジロウセンチュウセンゴニッキ

芹沢光治良戦中戦後日記

芹沢光治良 著/勝呂奏 解説
ISBN 978-4-585-29086-5 Cコード 0095
刊行年月 2015年3月 判型・製本 四六判・上製 560 頁
キーワード 戦争,昭和,近現代

定価:3,520円
(本体 3,200円) ポイント:96pt

数量 :
remove add
    書籍の詳細
    世界が終るともよい。作品を書いていよう

    1941年から1948年まで、『人間の運命』の作家が残した克明な日記を初公開。
    〈人類はまだ幼年期を脱したのにすぎない。絶望することはない。高い理想をめざして努力すべきだ〉(昭和二十年八月十日)。
    戦中戦後の日本知識人の暮らしと思いを知る、貴重な資料。勝呂奏(桜美林大学教授)による詳細な解説を付す。

     

     

    プロフィール

    芹沢光治良(せりざわ・こうじろう)(1896-1993)
    明治29(1896)年5月4日、静岡県駿東郡楊原村(現・沼津市)我入道に生まれる。
    楊原小学校から沼津中学校(現・沼津東高等学校)、第一高等学校を経て、東京帝国大学経済学部に入学。在学中に高等文官試験に合格し、卒業後、農商務省に入省したが、官を辞してフランスに留学。滞在中結核に冒され、スイスで療養生活を送り、帰国後書いた「ブルジョア」が雑誌『改造』の懸賞小説に当選して作家活動に入る。
    『巴里に死す』、『サムライの末裔』でフランス友好国際大賞、代表作である大河小説『人間の運命』で芸術院賞を受賞。また、多年に渡るユネスコ運動の功績で勳三等瑞宝章を、さらに日仏文化交流の功労者としてフランス政府からコマンドール章を受ける。日本ペンクラブ会長、文芸家協会理事、ノーベル賞推薦委員、日本芸術院会員などを歴任。昭和55(1980)年に沼津市名誉市民となる。89歳より『神の微笑』から始まる神シリーズ8冊を執筆。
    平成5(1993)年3月23日、東京都中野区東中野の自宅において逝去。享年96歳。

    その他

    ・「日本経済新聞」(2015年5月19日)にて、本書の紹介文が掲載されました。
    ・「朝日新聞」(2015年5月24日)にて、本書の書評が掲載されました。(評者:横尾忠則(美術家))
    ・「東京人」(2015年9月号)にて、本書の紹介文が掲載されました。

    関連商品

    おすすめ

      [詳細]
    成功していた日本の原爆実験

    成功していた日本の原爆実験

    ロバート・ウィルコックス 著/矢野義昭 訳
    定価:4,950円
    (本体 4,500円)
    邪馬台国は福岡県朝倉市にあった!!

    邪馬台国は福岡県朝倉市にあった!!

    安本美典 著
    定価:1,980円
    (本体 1,800円)
    発見! ユダヤ人埴輪の謎を解く

    発見! ユダヤ人埴輪の謎を解く

    田中英道 著
    定価:1,100円
    (本体 1,000円)
    少年写真家の見た明治日本

    少年写真家の見た明治日本

    宮田奈奈/ペーター・パンツァー 編
    定価:7,150円
    (本体 6,500円)
    twitter
    サイドエリア 総合目録
    ショッピングカート