ヨシカワエイジジテン

吉川英治事典

志村有弘 編
ISBN 978-4-585-20048-2 Cコード 1000
刊行年月 2016年8月 判型・製本 A5判・上製 320 頁
キーワード 総記,昭和,近現代

定価:4,620円
(本体 4,200円) ポイント:126pt

数量 :
remove add
書籍の詳細
国民作家のすべてを知る!

『新・平家物語』『私本太平記』『新書太閤記』『三国志』など日本を代表する多くの名作・大作を遺し「国民作家」といわれた吉川英治。その作品と生涯を約300の項目で詳細に知る。年譜、主要参考文献目録、索引など資料も充実。

【本書の特色】
1.「一般項目篇」では、家族・文学者・知人・雑誌・新聞など吉川英治と関わりのあった項目を立項。作家デビューまでの経緯や交友関係、海外に紹介された作品まで幅広く記述した。
2.「作品篇」では、約200に及ぶ吉川英治の主要作品について取り上げた。代表作である長編はもちろん、短編から随筆まで網羅的に紹介する。
3.略年譜、主要参考文献目録、索引など充実した資料を付した。

 

 

プロフィール

志村有弘(しむら・くにひろ)
文芸評論家・相模女子大学名誉教授・日本文藝家協会会員・日本ペンクラブ会員。北海道生まれ。
主要著書に『平家物語の旅』『応仁記』『川角太閤記』『賤ヶ嶽合戦記』『陰陽師安倍晴明』、監修に『日本説話伝説大事典』『姓氏家系歴史伝説大事典』『福岡県文学事典』『戦国残照 お江とその時代』『坂本龍馬事典』『合戦騒動事典』『日本ミステリアス妖怪・怪奇・妖人事典』(以上、勉誠出版)など。

関連商品

おすすめ

  [詳細]
「本読み」の民俗誌

「本読み」の民俗誌

川島秀一 著
定価:3,850円
(本体 3,500円)
文化情報学事典

文化情報学事典

村上征勝 監修/金明哲・小木曽智信・中園聡・矢野桂司・赤間亮・阪田真己子・宝珍輝尚・芳沢光雄・渡辺美智子・足立浩平 編
定価:19,800円
(本体 18,000円)
スイス使節団が見た幕末の日本

スイス使節団が見た幕末の日本

横浜市ふるさと歴史財団・ブレンワルド日記研究会 編
定価:10,780円
(本体 9,800円)
挑発する軍記

挑発する軍記

大津雄一 著
定価:4,180円
(本体 3,800円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート