カンコクゴキョンサンドショホウゲンノアクセントケンキュウ

韓国語慶尚道諸方言のアクセント研究

姜英淑 著
ISBN 978-4-585-28031-6 Cコード 3087
刊行年月 2017年3月 判型・製本 A5判・上製 256 頁
キーワード 言語,東アジア

定価:6,600円
(本体 6,000円) ポイント:180pt

数量 :
remove add
書籍の詳細

韓国語は方言によってアクセントのあり方が大きく異なる。韓国標準語(ソウル方言)ではアクセントの対立がないが、方言によってはアクセントの対立により意味が区別される。なかでも、韓国南東部に位置する慶尚道(慶尚南道・慶尚北道)諸方言はピッチ(高低)アクセントを有することで知られているが、いまだ研究上の課題も多い。
本書は、慶尚道諸方言が、アクセント核に加え、語声調的な特徴を併せ持つことを主張する。「位置」と「形」、二つの要素が組み合わさって見せる多様なアクセント体系の様相を方言ごとに解明し、慶尚道方言全体を見渡す新解釈を提示する。筆者の長年にわたる現地調査に基づく画期的な記述研究。

 

 

目次
序言 福井玲(東京大学大学院教授)
はじめに
第1章 序論
第1部 慶尚南道諸方言
第2章 密陽方言のアクセント
第3章 咸安・宜寧方言のアクセント
第4章 進永(金海)方言・蔚山方言のアクセント
第5章 統営地域の諸方言のアクセント
第6章 釜山方言のアクセント
第7章 晋州方言のアクセント
第8章 泗川・南海島・山清方言のアクセント
第2部 慶尚北道諸方言
第9章 奉化方言のアクセント
第10章 尚州方言のアクセント
第3部 慶尚道諸方言のアクセント性質とアクセント体系
第11章 慶尚道諸方言のアクセント体系
第12章 まとめ
あとがき
プロフィール

姜英淑(かん・よんすく)
2008年東京大学大学院博士課程修了、博士(文学)。松山大学外国人専任講師を経て、現在は東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所研究フェロー及び東海大学非常勤講師。
主な著作に「第11章 敬語」「第15章 擬声語・擬態語」(沖森卓也・曺喜澈編『日本語ライブラリー 韓国語と日本語』朝倉書店、2014年)、「愛媛県弓削島方言のアクセント」(姜英淑・上野善道・栗田正己著『愛媛地域のアクセント――松山方言・弓削島方言』松山大学言語・情報研究センター叢書第9巻、松山大学総合研究所、2015年)、 「韓国語諸方言のフィールドワーク」(『フィールドプラス』17号、アジア・アフリカ言語文化研究所、2017年)などがある。

関連商品

おすすめ

  [詳細]
犬からみた人類史

犬からみた人類史

大石高典・近藤祉秋・池田光穂 編
定価:4,180円
(本体 3,800円)
成功していた日本の原爆実験

成功していた日本の原爆実験

ロバート・ウィルコックス 著/矢野義昭 訳
定価:4,950円
(本体 4,500円)
少年写真家の見た明治日本

少年写真家の見た明治日本

宮田奈奈/ペーター・パンツァー 編
定価:7,150円
(本体 6,500円)
誰も語らなかった フェルメールと日本

誰も語らなかった フェルメールと日本

田中英道 著
定価:1,650円
(本体 1,500円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート