コモンジョケンキュウ ダイキュウジュウゴウ

古文書研究 第90号

日本古文書学会 編
ISBN 978-4-585-22417-4 Cコード 3321
刊行年月 2020年12月 判型・製本 B5判・並製 160 頁
キーワード 日本史

定価:4,180円
(本体 3,800円) ポイント:114pt

数量 :
remove add
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。
書籍の詳細

歴史学をはじめ、諸分野における研究の基盤をなす古文書学。その最前線を伝える学術雑誌。

 

 

目次
カラー口絵

小特集「古文書学の新展開」
小特集「古文書学の新展開」まえがき 渋谷綾子
日本における古文書料紙の変遷 湯山賢一
デジタル機器を利用した楮繊維の分析 髙島晶彦
カジノキのDNAはオーストロネシア人の移住と和紙の起源の物語をどのように語っているのか? 鍾國芳・張瓊之・謝佳・國府方吾郎
カジノキの遺伝的多様性は古文書の由来を解き明かせるか 石川隆二

論文
『凶徒御退治御告文』に見る足利義満の神祇祈禱 桐田貴史
中世東寺文書における「評定引付」とその断簡等の復元 古田功治
松前城下における将軍印判状の高札掲示と幕藩関係―蝦夷地第一次上知直前まで― 上田哲司

石田実洋氏を悼む 高橋典幸

古文書めぐり
香川大学附属図書館「神原文庫」と所蔵史料について 守田逸人

地域と古文書
市民と元職員の古文書サークル―八潮市「わくわく古文書クラブ」― 小田真裕

随筆
北野天満宮所蔵の久我家文書記録 藤井讓治

研究余滴
治承・寿永内乱と佐竹氏 高橋典幸

書評と紹介
倉本一宏編『日記・古記録の世界』 井上正望
樋口健太郎著『中世王権の形成と摂関家』 海上貴彦
松薗斉著『中世禁裏女房の研究』 神田裕理
薗部寿樹著『日本中世村落文書の研究 村落定書と署判』 髙橋傑

令和二年度新指定文化財紹介
彙報

口絵解説
山門結界裁許裏書絵図 一鋪/江戸幕府評定所裁許状 一通 地主智彦

英文レジュメ

関連商品

おすすめ

  [詳細]
スイス使節団が見た幕末の日本

スイス使節団が見た幕末の日本

横浜市ふるさと歴史財団・ブレンワルド日記研究会 編
定価:10,780円
(本体 9,800円)
挑発する軍記

挑発する軍記

大津雄一 著
定価:4,180円
(本体 3,800円)
「本読み」の民俗誌

「本読み」の民俗誌

川島秀一 著
定価:3,850円
(本体 3,500円)
文化情報学事典

文化情報学事典

村上征勝 監修/金明哲・小木曽智信・中園聡・矢野桂司・赤間亮・阪田真己子・宝珍輝尚・芳沢光雄・渡辺美智子・足立浩平 編
定価:19,800円
(本体 18,000円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート