ハヤブサツーガマイオリタヒビ

「はやぶさ2」が舞い降りた日々

新「喜・怒・哀・楽の宇宙日記」
的川泰宣 著
ISBN 978-4-585-24013-6 Cコード 0044
刊行年月 2020年11月 判型・製本 四六判・並製 288 頁
キーワード 現代社会,文化史

定価:2,420円
(本体 2,200円) ポイント:66pt

数量 :
remove add
書籍の詳細

3億キロの彼方から小惑星リュウグウのサンプルを持ち帰る「はやぶさ2」。
数々の「世界初」の金字塔を打ち立てた稀代の探査機の哀歓の日々を、その画期的な技術とチームワークを見つめながら追った「宇宙日記」。
感動と共感が人びとに新型コロナに打ち克つ力を添え、明るい未来へいざなう。

 

 

目次
プロローグ
第1章 リュウグウ到着までの旅
第2章 どこに着陸しようか…… ─最初に出くわした難題
第3章 ぴょんぴょん跳ねるローバーたち
第4章 一歩前進・二歩後退─戦略立て直し
第5章 「オサイリス・レックス」─米国のサンプルリターン
第6章 圧巻の第一回タッチダウン─サンプルは採取された
第7章 3億キロ彼方の人工クレーター─未踏の挑戦
第8章 第2回タッチダウン─小惑星の内部物質を採取へ
第9章 「はやぶさ2」帰還の途へ
閑話休題
付章 「あなたの名前を火星へ」─27万人のメッセージから
プロフィール

的川泰宣(まとがわ・やすのり)
宇宙航空研究開発機構(JAXA)名誉教授、はまぎん こども宇宙科学館館長、日本宇宙少年団顧問、日本学術会議連携会員、国際宇宙教育会議日本代表。東京大学大学院博士課程、東京大学宇宙航空研究所、宇宙科学研究所教授・鹿児島宇宙空間観測所所長・対外協力室室長、JAXA執行役を経て現職。
この間、国際宇宙航行連盟副会長、日本航空宇宙学会会長などを歴任。工学博士。
ミューロケットの改良、日本最初の人工衛星「おおすみ」を始めとする数々の科学衛星の誕生に活躍し、1980年代には、ハレー彗星探査計画に中心的メンバーとして参画。2005年には、JAXA宇宙教育センターを先導して設立、初代センター長となる。日本の宇宙活動の「語り部」であり、「宇宙教育の父」と呼ばれる。
著書に『人類の星の時間を見つめて』(共立出版)、『宇宙飛行の父 ツィオルコフスキー 人類が宇宙へ行くまで』(勉誠出版)ほか多数。

関連商品

おすすめ

  [詳細]
ロマノフ王朝時代の日露交流

ロマノフ王朝時代の日露交流

東洋文庫・生田美智子 監修/牧野元紀 編
定価:4,180円
(本体 3,800円)
文化情報学事典

文化情報学事典

村上征勝 監修/金明哲・小木曽智信・中園聡・矢野桂司・赤間亮・阪田真己子・宝珍輝尚・芳沢光雄・渡辺美智子・足立浩平 編
定価:19,800円
(本体 18,000円)
日本の表装と修理

日本の表装と修理

岩﨑奈緒子・中野慎之・森道彦・横内裕人 編
定価:7,700円
(本体 7,000円)
新彰義隊戦史

新彰義隊戦史

大藏八郞 編
定価:7,700円
(本体 7,000円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート