アジア遊学254
ヒガシアジアノウタトモジ

東アジアの歌と文字

真下厚・遠藤耕太郎・波照間永吉 編
ISBN 978-4-585-32500-0 Cコード 1390
刊行年月 2021年2月 判型・製本 A5判・並製 208 頁
キーワード 比較文学,詩歌,古典,中国,東アジア,江戸,古代,近世,上代

定価:3,080円
(本体 2,800円) ポイント:84pt

数量 :
remove add
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。
書籍の詳細
声から文字へ、文字から声への往還

声の歌が文字化されたのはいつからだろうか。
また、文字との出会いによって声の歌はどう変化したのだろうか。日本古代の『古事記』や『万葉集』、近世琉球の『おもろさうし』、中国少数民族の歌垣など、東アジアの様々な時代・地域・民族において創作されてきた歌表現の文字資料・伝承記録を、文学・民俗学・文化人類学の分野から検討し、声と文字との共存・影響関係、豊かな歌文化の諸相を明らかにする。

 

 

目次
【序言】東アジアにおける歌と文字の出会い 真下厚
【総論】中国辺境民族の歌と文字のかかわり 遠藤耕太郎
【総論】琉球歌謡の文字との出会い―『おもろさうし』の記載法を中心に 波照間永吉

Ⅰ 日本古代における歌と文字 
歌における声と文字の出会いと共存 岡部隆志
古代の歌の命―ある手法の変貌について リュドミーラ・エルマコーワ

Ⅱ 琉球王国・沖縄における歌と文字
琉球王国・沖縄における歌と文字―おもろさうし 照屋理
琉歌と南琉球の抒情歌の文字記録 波照間永吉
南島歌謡の記録と伝承の諸相―竹富島の巻唄をめぐって 狩俣恵一

Ⅲ 中国少数民族における歌と文字
壮族の掛け合いうたにおける声と文字 手塚恵子
ペー祭文における声と文字の往還 遠藤耕太郎
中国湘西苗族の歌と文字 真下厚

資料 
宮古の古謡と神歌 本永清
資料 ペー族の祭文 遠藤耕太郎
プロフィール

真下厚(ましも・あつし)
元立命館大学教授。専門は日本古代文学・民俗学。
主な著書に『声の神話 奄美・沖縄の島じまから』(瑞木書房、2003年)、『万葉歌生成論』(三弥井書店、2004年)、『歌を掛け合う人々 東アジアの歌文化』(共著、三弥井書店、2017年)などがある。

遠藤耕太郎(えんどう・こうたろう)
共立女子大学文芸学部教授、一般社団法人アジア民族文化学会代表理事。専門は日本古代文学と中国少数民族文化。
主な著書に『モソ人母系社会の歌世界調査記録』(大修館書店、2003年)、『古代の歌―アジアの歌文化と日本古代文学』(瑞木書房、2009年)、『万葉集の起源―東アジアに息づく抒情の系譜』(中公新書、2020年)などがある。

波照間永吉(はてるま・えいきち)
名桜大学大学院国際地域文化研究科(後期博士課程)。専門は歌謡呪。
主な編著書に『沖縄古語大辞典』(共編著、角川書店、1995年)、『定本琉球国由来記』(外間守善と共編著、角川書店、1997年)、『定本 おもろさうし』(外間守善と共編著、角川書店、2002年)、『鎌倉芳太郎資料集 ノート篇』全四巻(編著〈第三巻のみ麻生伸一と共編〉、沖縄県立芸術大学附属研究所、2004~2016年)、『南島祭祀歌謡の研究』(砂子屋書房、1999年)などがある。

関連商品

おすすめ

  [詳細]
明治の一発屋芸人たち

明治の一発屋芸人たち

永嶺重敏 著
定価:3,850円
(本体 3,500円)
中近世移行期の文化と古活字版

中近世移行期の文化と古活字版

高木浩明 著
定価:16,500円
(本体 15,000円)
鷹狩の日本史

鷹狩の日本史

福田千鶴・武井弘一 編
定価:4,180円
(本体 3,800円)
司書のお仕事2

司書のお仕事2

大橋崇行 著/小曽川真貴 監修
定価:1,980円
(本体 1,800円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート