サカグチアンゴダイジテン

坂口安吾大事典

安藤宏・大原祐治・十重田裕一 編集代表
ISBN 978-4-585-20079-6 Cコード 1000
刊行年月 2022年6月 判型・製本 菊判・上製 828 頁
キーワード 総記,昭和,大正,近代

定価:15,400円
(本体 14,000円) ポイント:420pt

数量 :
remove add
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。
書籍の詳細
「堕落論」、「桜の森の満開の下」、「不連続殺人事件」……
歴史小説、推理小説も含め、数々の作品を残した坂口安吾の、初の大事典!

坂口安吾(1906年-1955年)が残した全作品を解説するとともに、安吾の人となりや作品を読み解くうえで重要なキーワード、安吾と交流のあった人物を取り上げ、安吾のすべてに網羅的に迫る。

【本書の特色】
①総執筆者150名以上による坂口安吾研究の第一線の論考を収録。総項目数は830項目以上。今後の坂口安吾研究の指針となる一冊。
②巻末に読者の手助けとなる坂口安吾の年譜を収録。
③カラー口絵で、自筆原稿など、貴重な資料を掲載。

 

 

目次
カラー口絵
序        編集委員一同
凡例
執筆者一覧

第一部 キーワード編
第二部 作品編
第三部 事項編

坂口安吾年譜   七北数人作成
索引
プロフィール

安藤宏(あんどう・ひろし)
東京大学大学院人文社会系研究科教授。専門は日本近代文学。
主な著書に『太宰治論』(東京大学出版会、2021年)、『近代小説の表現機構』(岩波書店、2012年)など。

大原祐治(おおはら・ゆうじ)
千葉大学大学院人文科学研究院教授。専門は日本近代文学。
主な著書に『戯作者の命脈―坂口安吾の文学精神』(春風社、2022年)、『文学的記憶・一九四〇年前後―昭和期文学と戦争の記憶』(翰林書房、2006年)など。

十重田裕一(とえだ・ひろかず)
早稲田大学文学学術院教授・国際文学館長。専門は日本近現代文学。
主な著書に『横光利一と近代メディア―震災から占領まで』(岩波書店、2021年)、『岩波茂雄―低く暮らし、高く想ふ』(ミネルヴァ書房、2014年)、『「名作」はつくられる―川端康成とその作品』(NHK出版、2009年)など。


(編集委員)
大國眞希
鬼頭七美
時野谷ゆり
原卓史
牧野悠
宮澤隆義
山根龍一

関連商品

おすすめ

  [詳細]
江戸川乱歩大事典

江戸川乱歩大事典

落合教幸・阪本博志・藤井淑禎・渡辺憲司 編
定価:13,200円
(本体 12,000円)
ことば・ほとけ・図像の交響

ことば・ほとけ・図像の交響

近本謙介 編
定価:13,200円
(本体 12,000円)
大宅壮一文庫解体新書

大宅壮一文庫解体新書

阪本博志 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
変化する社会とともに歩む学校図書館

変化する社会とともに歩む学校図書館

野口武悟 著
定価:2,420円
(本体 2,200円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート