キタハラヤスオトークアンソロジーニホンゴトトモニ

北原保雄トークアンソロジー 日本語とともに

北原保雄 著
ISBN 978-4-585-28500-7 Cコード 1081
刊行年月 2011年7月 判型・製本 四六判・上製 288 頁
キーワード 日本語

定価:2,420円
(本体 2,200円) ポイント:66pt

数量 :
remove add
書籍の詳細

言葉は一日にしてならず。

好印象をあたえる話し方、敬語の効用から、国語辞書の作り方まで。日本語研究50年の達人が、ことばの奥義をすべて伝授。「日本語とあなた」の関係は、もっと面白く、大事になる。

 

 

目次
Ⅰ 美しい日本語
 日本語の魅力
 言葉の素晴らしさ
 《対談》 美しい日本語を育み伝える―黛まどか×北原保雄
 日本語の美しいきまり
 「分ける」と「分かる」

Ⅱ 日本語と私
 日本語との関わり
 日本語ブーム
 広告と言葉
 日本語の研究五〇年
 飛び石的な研究
 二足の草鞋を生きる
 言葉のきまりに魅せられて

Ⅲ 国語辞典と私
 国語辞書の編纂
 『日本国語大辞典 第二版』に寄せて
 国語辞典が大きく変わる!
 《対談》 国語辞典の新しい役割―山根基世×北原保雄
 ?問題な日本語?と『明鏡国語辞典』
 《対談》 国語辞典を作る楽しさ―梶原しげる×北原保雄
 『明鏡国語辞典』第二版の刊行
 紙の辞書の効用

Ⅳ 敬語・言葉遣い
 「敬語の指針」について
 タテとヨコの適正距離
 好印象を与える話し方
 言葉の勉強は生涯学習
 日本語の微妙なところを意識してほしい

Ⅴ 問題な日本語
 「問題な日本語」が氾濫するわけ
 日本語をめぐる状況
 変な若者言葉をTVが増幅する
 《対談》 新語も日本語―北原保雄×藤田志穂
プロフィール

国語学者・日本語学者。筑波大学名誉教授・元学長。『明鏡国語辞典』、『日本語逆引き辞典』(大修館書店)、『全訳古語例解辞典』(小学館)など多くの国語・古語辞典の編纂に携わる。2005年の『問題な日本語』(大修館)は大ベストセラーになった。

書評・関連書等

「週刊読書人」(2011年8月5日)にて本書が紹介されました。(評者:國廣哲彌(東京大学名誉教授))


*特集ページも是非ご覧ください。
「北原保雄トークアンソロジー、まもなく刊行です!」

関連商品

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。

おすすめ

  [詳細]
増補改訂新版 日本中世史入門

増補改訂新版 日本中世史入門

秋山哲雄・田中大喜・野口華世 編
定価:4,180円
(本体 3,800円)
古文書への招待

古文書への招待

日本古文書学会 編
定価:3,300円
(本体 3,000円)
元朝の歴史

元朝の歴史

櫻井智美・飯山知保・森田憲司・渡辺健哉 編
定価:3,520円
(本体 3,200円)
土地の記憶から読み解く早稲田

土地の記憶から読み解く早稲田

ローザ・カーロリ 著/大内紀彦、フィリッポ・ドルネッティ 訳
定価:2,970円
(本体 2,700円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート