戦後派作家たちの病跡
センゴハサッカタチノビョウセキ

戦後派作家たちの病跡

庄田秀志 著
病みながら創造するものたちの魂の遍歴。
ISBN 978-4-585-29009-4 Cコード 1095
刊行年月 2011年2月 判型・製本 四六判・上製 416 頁
キーワード

定価:4,180円
(本体 3,800円) ポイント:114pt

数量 :
remove add
書詳細

精神分析学、現象学、存在論、脳科学といった思考法により補助線を引くことで、作品という運動体の軌跡が浮き彫りになる。井上光晴、島尾敏雄、三島由紀夫、安部公房―戦後日本の代表的作家たちの〈病める魂〉にメスを入れる。

 

 

目次
一.妄想の自縛性・虚構の自由性―エイドス論的視点から
二.井上光晴論―虚言から虚構の彼岸へ
三.島尾敏雄論―「生きられる空間」を逍遥するシュールレアリスト
四.三島由紀夫論―劇空間の空虚
五.安部公房論―ノスタルジアの消去・永遠の異邦性

おすすめ

  [詳細]
成功していた日本の原爆実験

成功していた日本の原爆実験

ロバート・ウィルコックス 著/矢野義昭 訳
定価:4,950円
(本体 4,500円)
誰も語らなかった フェルメールと日本

誰も語らなかった フェルメールと日本

田中英道 著
定価:1,650円
(本体 1,500円)
犬からみた人類史

犬からみた人類史

大石高典・近藤祉秋・池田光穂 編
定価:4,180円
(本体 3,800円)
少年写真家の見た明治日本

少年写真家の見た明治日本

宮田奈奈/ペーター・パンツァー 編
定価:7,150円
(本体 6,500円)
ショッピングカート