日本の作家100人
コウダアヤヒトトブンガク

幸田文 人と文学

岸睦子 著
ISBN 978-4-585-05191-6 Cコード 0091
刊行年月 2007年10月 判型・製本 四六判・上製 284 頁
キーワード

定価:2,200円
(本体 2,000円) ポイント:60pt

数量 :
remove add
書籍の詳細

女流作家、幸田文の決定的評伝。
父露伴を支えながら娘青木玉を育て、「文壇の名家」幸田家をはぐくんだ幸田文。
その随筆から小説までを詳細に検証し、女性であり娘、妻、母であり作家であった幸田文の生涯と文学に迫る。

 

 

目次
第一章 評伝 幸田 文
第二章 全集未収録作品「しかられた歌」
第三章 作品案内
幸田文略年譜
主要参考文献
おわりに

おすすめ

  [詳細]
変化する社会とともに歩む学校図書館

変化する社会とともに歩む学校図書館

野口武悟 著
定価:2,420円
(本体 2,200円)
日本の図書館建築

日本の図書館建築

五十嵐太郎・李明喜 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
江戸川乱歩大事典

江戸川乱歩大事典

落合教幸・阪本博志・藤井淑禎・渡辺憲司 編
定価:13,200円
(本体 12,000円)
大宅壮一文庫解体新書

大宅壮一文庫解体新書

阪本博志 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート