シンワノカイメツ

神話の壊滅

大塩平八郎と天道思想
大橋健二 著
ISBN 978-4-585-05341-5 Cコード 0021
刊行年月 2005年11月 判型・製本 A5判・上製 352 頁
キーワード 近現代,思想

定価:4,180円
(本体 3,800円) ポイント:114pt

 品切 
書籍の詳細

大塩平八郎の挙兵は、明治政府による「天」から「天皇」への強制以前、日本古来の天への信仰=「天道思想」を背景に行われた。大塩の惨めな敗北は、人々の畏怖と献身の対象であった天の亡失、即ち「神話の壊滅」(ニーチェ)の上に成立した明治以降の「近代日本」の不幸と悲劇の先取りであり、戦前の皇国とは異なる〈もう一つの日本〉が否定される歴史的伏線をなす。

 

 

目次
はじめに

第一部 日本の天道思想
序   天道思想と日本人
第一章 天道思想の歴史
第二章 天道と徳川幕府
第三章 陽明学と「天道」

第二部 大塩平八郎の挙兵
第一章 〈近代〉の誅伐
第二章 〈近代〉にあらがうドン・キホーテ
第三章 知行合一の呪縛―陽明学の変容
第四章 挙兵の思想

第三部 近代日本と「天道」
第一章 〈明治〉の大失態
第二章 「畏れなき国」

おわりに――〈共悲〉をめぐる相剋

おすすめ

  [詳細]
村と民衆の戦国時代史

村と民衆の戦国時代史

稲葉継陽・清水克行 編
定価:3,300円
(本体 3,000円)
公文書管理法時代の自治体と文書管理

公文書管理法時代の自治体と文書管理

宮間純一 編
定価:6,600円
(本体 6,000円)
日本の表装と修理

日本の表装と修理

岩﨑奈緒子・中野慎之・森道彦・横内裕人 編
定価:7,700円
(本体 7,000円)
江戸川乱歩大事典

江戸川乱歩大事典

落合教幸・阪本博志・藤井淑禎・渡辺憲司 編
定価:13,200円
(本体 12,000円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート