現代語で読む歴史文学
カンヤクゲンペイジョウスイキハチ

完訳 源平盛衰記 八

石黒吉次郎 訳
ISBN 978-4-585-07060-3 Cコード
刊行年月 2005年9月 判型・製本 四六判・上製 250 頁
キーワード

定価:2,970円
(本体 2,700円) ポイント:81pt

数量 :
remove add
    書籍の詳細

    盛者必衰の理、眼の前にあらわなり―
    西海に漂っていた平家一門は、関門海峡壇ノ浦において、義経との最後の決戦に臨んだ。安徳天皇をはじめ、平家一門の入水が哀れを誘う源平合戦の終末と、頼朝との対立から自害にまで追い込まれていく義経の姿を描いた、『源平盛衰記』堂々の最終巻。

    義経に追われ、西海に漂っていた平家一門は、元暦二年三月、関門海峡の壇ノ浦において、源氏軍と最後の決戦に臨み、敗れてしまった。
    安徳天皇をはじめとして、一門の人々は次々に入水したが、天皇の母建礼門院は海中から助け出され、都へ戻された。
    やがて女院は出家し、大原の寂光院に移る。
    平家の嫡流六代御前は、鎌倉方に捕らえられ、処刑されそうになるが、文覚上人の助命嘆願により許された。
    文治二年四月、大原の建礼門院のもとに舅に当たる後白河法皇が訪れ、二人は再会する。女院は法皇に、六道輪廻のようであった自分の人生を語った―

     

     

    目次
    巻四十三〜巻四十八

    この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。

    おすすめ

      [詳細]
    ビジュアル資料でたどる 文豪たちの東京

    ビジュアル資料でたどる 文豪たちの東京

    日本近代文学館 編
    定価:3,080円
    (本体 2,800円)
    「本読み」の民俗誌

    「本読み」の民俗誌

    川島秀一 著
    定価:3,850円
    (本体 3,500円)
    スイス使節団が見た幕末の日本

    スイス使節団が見た幕末の日本

    横浜市ふるさと歴史財団・ブレンワルド日記研究会 編
    定価:10,780円
    (本体 9,800円)
    文化情報学事典

    文化情報学事典

    村上征勝 監修/金明哲・小木曽智信・中園聡・矢野桂司・赤間亮・阪田真己子・宝珍輝尚・芳沢光雄・渡辺美智子・足立浩平 編
    定価:19,800円
    (本体 18,000円)
    twitter
    サイドエリア 総合目録
    ショッピングカート